ABOUT 施設概要

触発を促し
創造性を育む
発想する空間

フジイギャラリーは、ただ「展示をする」だけの場所でなく、みなさんの触発を促し、その創造性を育む「発想する空間」です。試みや実践(行動)を積み重ね、みなさんとともに「場」を共に創り、様々な価値をうみだし、それらを体感・共有しながら次のアウトプットへつなげていくことを支援します。

主な対象は本学構成員ですが、来訪者や市民のみなさまにもご利用いただき、様々な垣根を超えた交流を目指しています。打ち合わせやキャンパスの“第三の居場所”としてはもちろんのこと、実践研究への利用場所、研究を「みえる化」するための共同企画実施など、挑戦的な使い方を想定しています。

設計: 九州大学施設部・(株)徳岡設計
施工:(株)環境施設
構造:鉄筋コンクリート造 平屋建

規模:延床面積 393.24 ㎡
   高さ10.20m
竣工:2020年10月23日

人々の集いや表現の場である椎木講堂。書籍による知の集積・探究の場である図書館。フジイギャラリーは、その中間に位置しています。
両者のあいだに新しい流れをうみだし、本学が目指す総合知を共創し表現できる場となることを目指しています。

「本学学生が大志を持ち、より大きく羽ばたいて欲しい」という、企業創業者でもある寄附者 藤井徳夫様(本学卒業生)の思いを反映。
「鳥の羽」にみたてた九大博物館ロゴの形がデザインに取り入れられています。

ギャラリーの利用

当面の間は学内者限定でギャラリーの利用のご相談を受け付けております。
詳細は以下のページよりご確認ください。

利用相談

沿革

2019.01 ギャラリー整備計画プロジェクトチーム設置
2019.07 ギャラリー建設費用へのご寄附決定
2019.08 設計着手
2019.11 ギャラリー名称決定
2019.12 工事着手
2020.03 「新ギャラリー利用・展示計画」策定
2020.08 当面の管理運用計画について策定
2020.09 工事完了
2020.09.28 建物完成式典
2020.10 竣工
- 2021.03 枯らし期間
2021.04 職員着任
2021.07 学内者限定試用開始(G1)
2021.12 - 2022.02 先行展示(G2)
2022.05 全館グランドオープン